投稿

ポチッてしまった(^^;

イメージ
リアルスチール ブッシュクラフト プラス 中華製ですが、鋼材はスエーデンから調達している14C28Nだそうです。 最大の特徴は、この価格でコンベックスグラインド(ハマグリ歯)なことです。   以前買ったMossy Oakのセカンドベベルをコンベックスに研ぎ直して気づきました。        「コンベックスだとフェザースティックが作りやすなぁ」      「そう、matsuがフェザー下手なのはナイフのせいだな」      「是非、コンベックスのナイフを買わねば!」 まぁ、間違ってはいなかったと思うのですが、そもそもフェザーの必要性は??? 着火剤使えばフェザー作りに時間をかける必要ないよね            ・            ・             ・ いや、ちがう、フェザーを作るのが楽しいのだ! 勢い余って、バークリバーのブラボーワン(5万円)なんてポチらなくてよかった 汚れ拭き用のクロスとこんな物が付属してます。   これ、グリップを交換するときのためのレンチです。     なかなか至れり尽くせり、デザインもシンプルでmatsuの好み、品質も満足できるレベル。 ただ・・・・シースだけは今ひとつ。   ザックに留められます、ベルトに留められます、肩からベルトで留められます 横棒、縦棒に求められて、ポケットも付いてます・・・・     なんてことをやったら、こんなにデッカクて不細工になりました。 レザークラフトのできる人なら作り直すだろうなぁ ナイフが良いだけにシースの出来が残念でなりません。 シースだけは値段なりと言うことですかね。 話は変わりますが、選挙ですね。 自民党は党首をすげ替えてどうなんでしょう? 菅総理は頑張ったと思いますよ。 「緊急事態を出すのが遅い!」「いつまで緊急事態なんだ!」と相反する世論が出るというのは絶妙なバランスをとり、今多くの人たちが再始動しようと頑張れるのは菅総理のおかげです。 しゃべり(プレゼン)が下手だけど、口先だけの人よりよほど良いと思うのです。 それはそうと、安倍内閣から緩やかなインフレを目指している。 年2%で5年後には110%、10年後には122%、20年後は149%に物価が上昇することになります。 今、現役バリバリの人は良いとして、今までの貯蓄で細々と暮らしていこうと考えてる人にとってはありがたくないのです

百均ライト

イメージ
百均で買ったLED懐中電灯。 Seriaで買いましたが、ダイソーも同じものがあった気がします。    通常の懐中電灯機能。    スイッチを後ろ側にスライドすると、蛍のようにおしりが光ります。    なので、テーブルの上に立ててロウソクのように使えます。              こちらはダイソーで買いました。 機能は前者とほぼ同じです。    ロウソクモード(?)では、光を集中し全方向ではないものの一方向を明るく照らします。 どちらが良いかは好みですかね。           そして、三番手は極小キーホルダータイプ。    プッシュスイッチを押すたびに『強』『弱』『点滅』『消灯』を切り替えることが来ます。     かなり明るいです。           この三種類のライト、とてもすばらしい共通仕様があります。        それは、単三(または単四) 電池1本で点灯するのです 。     いままで、百均のLEDライトと言えば電池3本のものが多かったのですが、1本だけで点灯するのは大変ありがたいです。 と言うのも、電池は大体4本パックで売られているので、3本使うと1本が余る(半端になる)。 ちゃんと整理箱に余った1本を保管しておいても、次の電池交換でもあまり2本・・・ 3回目の電池交換で3本がストックとして残り、4回目の電池交換でやっとストックを消化できます。   最近の電池は昔よりは自然放電(使ってないので容量が減る)が小さい気はしますが、忘れるぐらい前の電池は信用できないですよね。それに3本の保存期間がバラバラになると容量もそれなりに違うわけで、些か気持ちが悪い(電機製品によっては、違う残量の電池を混ぜて使わないように注意喚起しているところも多いですよね)。   そんなわけで、1本で点灯するこのライトたちは、大変すばらしいと思うのです。   そもそもLEDと言うのはある程度電圧を上げないと点灯しないという特性があります。なので、今までの百均ライトは電池の本数を増やして光らせていたのです。今回紹介した3種は、電池の電圧を上げる電子回路(昇圧回路というもの)が、搭載されていると思われます。 もちろん、3本のものより点灯時間は短いと思いますが、その昔、電気回路の設計をしていた者としては「百均の懐中電灯に昇圧回路が搭載されてる!」と驚いてしまうのです。 まぁ、分解はして

歩道タイルに昔を知る

イメージ
地元の商店街です。     今井街道・・・その昔は行徳街道 地元の人には松江商店街の方がピンとくるかも そんな商店街の歩道タイル   このタイルに歴史が込められてることをどれほどの人が知っているでしょうか そう、そのむかしココにはトロリーバスが走っていたのです。 んで、さらにその前は城東電車が走っていたのです。 首都圏でもかなり最先端。 今井の水門から上野方面まで通っていた(一部、小松川橋の上だけバスに乗り換えが必要)   今井の水門の桜を見るためにかなりにぎわったそうです。 お花見電車とかマッチ箱電車と呼ばれたそうです。   歩道のタイルを見ながらそんなことを考える地元散策でした。

季節の味覚Ⅱ(アケビ祭りだ!)

イメージ
 今年も京都@Kさんから届きました! 特大のアケビが大量に!              ↑ 超巨大、その辺のサツマイモより大きいアケビ 京都@Kさん、いつもいつも申し訳ありません。 と言うわけで今年も松木珈琲でアケビ祭り開催です。 そして、アケビと一緒に送られてきたのは、  ムカゴです。      ムカゴご飯とアケビの皮の味噌炒め(^_^)v   本日の賄い飯は、季節の味満載です 。 旨いねぇ~♪ ありがとうございます京都@Kさん。            

季節の味覚

イメージ
 筑紫、ハゼ  ・・・そしてギンナン 今年も地元の神社へギンナン拾いに行きました。  近くの神社のギンナン・・・粒が小さい(種が小さい)ので誰も拾わないようです。 ちょっと早いかなと思ったのですが、もうたくさん落ちてました。      それにしてもこの神社、敷地が小さいわりに沢山の神様がいらっしゃるようです。  全部お参りしてから拾わせていただきました。   さてと、ここから忍耐の作業です。 翌日は可燃ごみの日なので、「腐るのを待つ」なんて悠長なことはしてられないのです。 ゴム手袋してチャッチャと種を取り出し洗って日干しします。   いやぁ~(>_<;;; 臭いと言うより目に沁みる匂いです。 ガンバレ自分!    成果・・・・・少なっ(^^;; 果肉があった時の三分の一・・・四分の一かも まぁ、そんなに沢山食べるものでもないので良いかなぁ   また近いうちに拾いに行けばいいかぁ (誰も拾わないので無くなることはないはず)                                  

月をめでる

イメージ
 昨夜は中秋の名月。 ガラにもなく風流を気取って近くの河原に 運良く雲の切れ目から見えましたよ       江戸川区からの眺めも、あらためて見るとなかなか良いではないか まぁ、欲を言えば河口湖、檜原湖、三瀬谷ダムからの眺めだったらもっと良かったかもしれませんが(^^;;;         この1年半色々ありましたねぇ 新型コロナウィルス、PCR検査、抗体検査、三密、ステイホーム、緊急事態、自粛、ワクチン、オリパラピック・・・(個人的に結婚が大きかったけど(^_^)v)   オリパラピック以外、どれも2年前には聞いたこと無い言葉ばかりです。 昨今、ブースター接種、ワクチンパスポートなんて話も出てきているようですが、気持ちが付いていけません。     まだしばらくは、将来展望より目の前にある幸せにや楽しみに目を向けて過ごす必要があるようです。 そうそう、今年も近所の神社でギンナンを拾ってきたので、また次の機会にUPしますね 地元で日々の暮らしを楽しみましょう。

漫画みたいなヒトコマ

イメージ
   地元、大杉橋からの眺めです。 おや!? 水面に何か浮かんでますねぇ   水鳥?      なんと長靴でした。 漫画みたいなヒトコマ、始めて見ました。   誰か溺れたわけじゃないよね・・・(^^;;